法律や税制変更も、FXのリスクの一つであり、その点を重々考慮しておくことも大事です。

リスクと共存するFXガイド

法律や税制変更も念頭に

このエントリーをはてなブックマークに追加
法治国家である以上、日本では、法律に基づいた行為が求められます。
特に、金融などでは、大きなお金も動くため、法律行為が重要になります。
もちろん、FXにおいても、同様です。
しかし、法律に基づく行為も、リスクを負っています。
法律は、人が作るものであり、不備な面がある可能性があります。
そういう場合、適宜修正を行うのが、望ましいことは言うまでもないでしょう。
確かに望ましいことであっても、それがそれまでのことと変わるため、何かしらの利益を得ていたのであれば、それが損失に変わることもあります。
FXも、法律に基づいているため、法律が変われば、それまでの収益のあり方にも変化が出て決まります。
仮に、業者が設定するスプレッドが、投資家の不利にならず、自己の利益になるために、好きに設定して良いとなれば、どうなるでしょうか?
もっとも、こんなことは、現実にはあり得ませんが、悪法も法なり、という言葉があるように、法律は変われば、それがたとえ、悪い結果だとしても、法であることに変わりはありません。
もちろん、悪いものをより良く変えることもまた、必要なことです。
また、税金も、FXに関係しています。
特に、取引所FXでは、税制優遇があるため、投資家にとっては、喜ばしいかもしれません。
しかし、それが廃止されることにでもなれば、様相が一変することは、容易にお分かりいただけることでしょう。
いずれにせよ、法律や税制変更もまた、FXのリスクの一つと考えられています。

金融やFX、このサイトがおすすめですよ☆

Copyright (C)2017リスクと共存するFXガイド.All rights reserved.