信用リスクとは、FX業者などが、倒産した場合に、証拠金がなくなる可能性があることのようです。

リスクと共存するFXガイド

業者の信用度を確認

このエントリーをはてなブックマークに追加
金融の源は、信用で成り立っていると言われています。
これは、金融機関から利用者を見ても、あるいは、利用から金融機関を見ても、同じようなことのようです。
実は、FXにおいても、同様なことが言えます。
たとえば、FXの専用口座を開設する際、信用審査が行われるようになっています。
これは、ローンの信用審査のようなものであり、収入などを審査されることになります。
また、投資家からすれば、FX業者がきちんと注文などを受け取り、それを実行してくれるものと、信用して、行います。
しかし、この信用もまた、リスクとなります。
たとえば、業者が倒産してしまえば、収めた証拠金が返戻される可能性があるか否かが、問題となります。
今では、信託保全制度というものがあり、投資家の証拠金を信託銀行などに預けるようになっています。
かつては、FX業者が倒産した場合、証拠金が返戻されず、業者の債権者に割り振られたこともあるようです。
それを回避するために、金融当局からの命令で、信託保全制度を設けているようです。
しかしそうであるからと言って、FXがセーフティーネットを設けているということにはならないようです。
信用リスクも、まだあるということを、しっかり認識しておくべきでしょう。
なお、FXには、業者ばかりでなく、取引所が運用しているものもあります。
取引所FXでは、取引所が全額証拠金を保管するようになり、業者が倒産しても、投資家に証拠金が返戻されるようです。

金融やFX、このサイトがおすすめですよ☆

  • 事業資金の借り入れを検討中のお客様へビジネクストの商品をオススメします。

Copyright (C)2017リスクと共存するFXガイド.All rights reserved.