インターネットが浸透した今では、システムリスクを考慮することもまた、重要なことです。

リスクと共存するFXガイド

システムも完璧ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネットが普及して以降、非常に利便性に富んだ生活となりました。
買い物も必ずしも実店舗に行かなくても、簡単に好きなものを買うことができます。
これも、インターネットのおかげでしょう。
もちろん、投資においても影響を与え、インターネットにおいても同様です。
FXの中には、インターネットでしか取引を行っていないものもあり、まずは、インターネットの環境を整えることが重要なようです。
しかし、インターネットも完璧ではなく、利便性に富みながらも、結局は、機械が信号でつながりあっているものです。
機械に故障が生じれば、それ以上、動作しなくなり、FXであれば、注文ができないなどの障害が生じます。
これば、システムリスクとなっています。
最近でも、FXでないとはいえ、取引所のシステムが一時故障し、注文を受付できなくなったことがありました。
結局、半日の間、投資家は何もできなかったようで、その間に収益をあげられる可能性があってもできないようになりました。
こういう障害は、投資家ばかりでなく、日本の市場自体にも影響を与え、世界との競争においても、支障を与えてしまうこともあります。
ほんの半日、というよりも、半日も、というのが、金融の世界では、当然の気持ちかもしれません。
いずれにせよ、インターネットの浸透した今では、システムリスクも、考慮すべきであり、機器の故障、あるいは、ウイルスの侵入なども、原因の一つとなります。
また、プロバイダ、さらには、投資家が使っているパソコンなども、システムリスクを含んでいます。

Copyright (C)2017リスクと共存するFXガイド.All rights reserved.