FXは、外国為替証拠金取引であり、証拠金制度とレバレッジが特徴であり、空売りも可能となっています。

リスクと共存するFXガイド

FXの基本を見よう

このエントリーをはてなブックマークに追加
外国為替取引は、今では当たり前のようになっています。
多くの個人投資家が参加し、これは何より、少額投資とインターネット取引が可能になったからのようです。
日本版金融ビッグバンによって、金融分野の大幅な規制緩和ゆえのことのようです。
そんな中でも、FXは、非常に人気があります。
ハイリスク・ハイリターンの投資であっても、大きな収益が見込めるため、投資としての醍醐味を得られるからでしょう。
そんなFXは、外国為替証拠金取引と言われ、金融派生商品の一つです。
証拠金制度とレバレッジが特徴であり、差金決済取引で損益が確定します。
証拠金制度とは、業者に担保金のようなものを支払い、それを元に取引が行われます。
レバレッジを使えば、少ない証拠金でも、多額の取引が可能であり、かつては、個人投資家でも100倍などの倍率を選択できました。
今では、規制が行われているため、25倍までとなっています。
しかし、法人であれば、100倍などのコースがあり、従来からと変わらないようです。
こんなFXの収益方法は、為替差益と金利差益となっています。
金利差益の場合、金利の安い通貨から高い通貨を買い、その状態のまま決済を行わず、概ね一昼夜経てば、スワップポイントとして、発生するようになります。
株式の配当のようなものですが、収益の大部分は、やはり、為替差益によるところが大きいようです。
なお、FXでは、空売りが可能なっています。
これは、株式のように株を買うことが目的ではなく、純粋にお金だけの移動になるからこそ、可能になっているようです。
このため、円高であっても、収益をあげられるようになっています。

金融やFX、このサイトがおすすめですよ☆

Copyright (C)2017リスクと共存するFXガイド.All rights reserved.